ニューイングランドスタイル

seattle_cider_co_new_englan-187x300

本日開栓はこちら。

シアトルサイダーより、ニューイングランドスタイル。

 

にゅーいんぐらんどすたいる?

それっていったい。。

 

ちょっと調べてみると、アメリカへ移住してきた人々が寒さをしのぐために度数の高いサイダーを飲んで暖まったのが由来なのだとか。

ロシアでいうところのウォッカみたいなもんなんですかねw

 

そういえばニューイングランドといえばアメリカ北東部のあたりを指していたりしますしね。

だから、ニューイングランドスタイルなわけですな。

 

アメリカのオリジナルのスタイルのサイダーなわけですが、一次発酵が終了してから、糖分を追加してさらに醗酵を促し度数を上げていくのが一般的な方法。

その際に使用する材料として、ブラウンシュガー、レーズン、メープルシロップなどのものを使用しているとのこと。

 

レーズンとかメープルシロップとか、なかなか個性的なものを選ぶんですねw

 

で、このシアトルサイダーのものは実際にレーズンとブラウンシュガーを使用して2次醗酵を行っているとのこと。

 

そして肝心の味はといいますと、ビールで言う10%のものだとアルコール感や重めのボディが目立つ場合も多いですが、そこはサイダーですから。

非常にドライですっきりしています。

 

まさにスパークリングワイン飲んでいる感じ。

度数も近いですし。

 

さながらリンゴのスパークリングワイン。ビールじゃないけどけっこういけます。

 

興味のある方、ぜひお試しくださいませ~

 

あ、詳しい話はこちらを参考にしてみてください

http://drinks.seriouseats.com/2013/05/what-is-new-england-style-cider-strong-hard-cider-with-raisins.html

 

本日開栓は3樽

バラストポイント スカルピンIPA

レフトハンド ウォーリアーIPA

シアトルサイダー ニューイングランドスタイル

 

本日も皆様のご来店をお待ちしております!