シカゴピザってなぁに?

そびえたつ生地、スパイスが効いたたっぷりのトマトソース。

一見キッシュのように見える不思議な見た目のピザ、それがシカゴピザ。

別名はディープディッシュピザ。ケーキのように型を使用して造ることからそう呼ばれているのだとか。

シカゴピザというくらいなので、シカゴではとても有名。

シカゴ市内にはUNO, Giordano, Lou Malnatiなど、有名なお店がいくつもあり、B級ご当地グルメ的な感覚で地元の人や観光客、老若男女問わず絶大な人気を誇ります。

そんなシカゴピザの起源は1943年、UNOというピザ屋の当時の料理長、Rudy Malnati氏がレシピを考案し生み出されたと言われています。そしてMalnati氏が独立したお店がLou Malnati、さらにこれを真似てディープディッシュピザを提供するお店が増え、現在のような認知度を得ることになったようです。

シカゴピザの別名といえば、キングオブピザ!

なぜかといえば、その高さのある生地を生かし、これでもかとチーズ&お肉を詰め込むのです。

これがアメリカだ!と言わんばかりの迫力、ピザをカットした際にはチーズが雪崩を起こします。お皿に取り分ける際にはチーズが伸びる伸びる。

アメリカのピザの中でもここまでの高カロリーなものはないでしょう。

という、破壊力抜群のピザというイメージ。

これに対して当店のシカゴピザはというと。

ご安心ください、日本人の舌に合うようにアレンジしています。

生地、トマトソース、ソーセージはすべて自家製。

通常は味付けをしない状態のところが多いのですが、当店のものはスパイスを多用したフレーバー豊かな味わい。

生地にぎっしりと詰まったトマトソースは食欲をそそります。

見た目のインパクトは絶大ですが、口に含むとスパイスとトマトソース、具材が混然となって絶妙なハーモニーを奏でます。

生地はほかのピザと比べると、少し固め。
あの特殊な形状にするための独自の配合ではありますが、それがまたサクッとした食感を与えてくれます。

チーズやお肉の量はピザの種類で調整できます。
本場を体験したい方はお肉とチーズたっぷりなMeatzzaを召し上がってみてください。
ベジタリアンの方や、ピザは食べたいけどカロリーが…という方にはお野菜のみを使用したVeggie Worksなんかがおすすめ非常にさっぱりと召し上がっていただけます。

一番人気はThe Devil Works。
いろいろな種類のお肉、お野菜がバランスよく入っているこちら。
いいとこどりの看板メニューです。

一点だけご注意を。
当店のピザはその形状のために焼き時間が長くかかります。
通常で約25分、混雑時はさらに時間がかかります。あらかじめご了承くださいませ。

さあ、これを読んでいるうちにもあなたの胃は悲鳴を上げているはず!

 

日本ではなかなか食べる機会のないシカゴピザ、ぜひお楽しみください!!