English EN

DevilCraftについて

We’re Beer…
DEVILICIOUSLY!!!!!

DevilCraftの物語は10年以上前の2008年に始まりました。ビール愛好家のアメリカ出身3人組ジョン・チェンバーズ、ジェーソン・コウラー、マイク・グラントが日本で出会い、アメリカのクラフトビールムーブメントの多くの成功物語に触発され、ビール醸造会社を設立しました。コンセプトは、外部販売用ビールをメインとした醸造所のアイデアから始まりましたが、その後すぐに、自社製のビールを直営のレストランにてフードとともに提供する「ブルーパブ」業態のコンセプトに進化しました。

最初の店舗となるDevilCraft神田は、数年にわたる計画と適切な場所の徹底的な捜索を経て、2011年7月に東京の神田にオープンしました。 その2年後の2013年8月、21種類の樽生ビールを提供するDevilCraft浜松町をオープン。 そして2014年初頭、東京の大井町にある工業団地において、ビール醸造事業を立ち上げるのに理想的な場所を確保しました。店舗オープンからわずか4年後の2015年9月、醸造ライセンスを取得! 2016年にはDevilCraft五反田をオープンし、2019年には自由が丘に新しい店舗をオープンしました。少ない仕込み量で造られるDevilCraftのビールはすべて大井町にある醸造所で醸造し、神田、浜松町、五反田、自由が丘の都内4店舗のデビルクラフトパブで提供しています。

What is DevilCraft?

DevilCraftとは、「素晴らしいクラフトビール」と「新鮮な焼きたてシカゴスタイルピザ」の融合です。

DevilCraftのフードメニューを検討する際、創業者が気づいた重要なことは、東京のバーやパブには特徴的なフードメニューがほとんどないことでした。
「ビール」と「ピザ」というアメリカ伝統の組み合わせ、これを「風味豊かなクラフトビール」と「伝説といえるほど有名なディープディッシュ・シカゴスタイル・ピザ」にすることで新たなレベルへと推し進め、それらを楽しくカジュアルな環境とリーズナブルな価格で提供できる場所、つまりクラフトビールファンとピザ愛好家の両方が探し求める場所を作ろうと考えました。

私たちがクラフトビールを醸造するアプローチと同様に、フードの取り扱いは店舗で手作りで行うのが最も良い方法だと考えています。私たちの特製ピザソースは、毎日新鮮な作りたてで、ハーブとスパイスの独自ブレンドと一緒にコトコト煮込んで作ります。自家製イタリアンソーセージは、毎日オープン前の午後に店舗で味付けしソテーしています。ピザ生地は、店舗のキッチンと冷蔵庫で最高の状態に熟成させてから成形し焼き上げます。野菜は、最高の鮮度を確保するために、ピザにトッピングする直前に毎日切り刻んでいます。サラダドレッシングもすべて店舗で手作りです。チキンウィングソースは、私たちの親しい友人が作り上げる特製ソースを使用しています。悪魔のように魅惑的な私たちのデザートは、最高品質の食材を使って店舗でゼロから作っています。
私たちはフードとビールの両方に対して最高水準を維持し、私たちが”brew(醸造)、make(作る)、bake(焼く)”する全ての「craft(技術)」と「quality(品質)」への愛と熱心さを皆様に評価していただけることを願っています。乾杯!