ビールを売って捕まった女性の話

ダウンロード (11)

このビール、ご存知ですか?

アメリカ、バーモント州にあるアルケミストというブルワリーが作っているダブルIPA。

世界一と称されるほど人気の高いビールです。

 

アルケミストというブルワリー自体、ちょっと変わってまして。

なんと作っているビールはこの1種類のみ。

バーモント北部のみに500mlの缶を卸して、あとは地元のパブでケグから提供するだけ。

 

そう、このビールが飲めるのは本当に限られた場所のみなのです。

 

そもそも、バーモント州自体がアルコールの取り扱いに関して規制を設けている州でして。

ほかの州に卸したりすることができないようなのです。

個人でもFedexとかを使用してビールを送ることができません。

 

そんな状況下でのこの人気の高さを誇るアルケミストのヘディトッパーですが、最近になってカンナリー(缶工場)を一般公開するのをやめ、さらには直営のショップを閉店するということに。

理由はというと、アルケミストを訪れる人が増えすぎて、店はカオス、車を止めるところもなければ、道も渋滞するほど、というレベルになってしまったため。

周辺住民への配慮もあってのことでしょう。

 

現在は急ピッチでより規模の大きな直営の販売所を建設中。

 

さてさて、今日の本題に入りますが、そこまでの人気を誇るこのビール、このご時世ネットで売ろうとする人が出てこないわけがありません。

そして起きてしまったのがこの事件。

http://www.dailyjournal.net/view/story/d692d1c40ed04cfd8dedef16c1b0a051/VT–Online-Beer-Charges/#.UqAYxMRdUvx

 

ネットで120本のヘディトッパーを販売した女性。

これが州法に引っかかったとのことで、まんまと地元警察に見つかり、法廷へ。

 

法律によると、$100~1000の賠償金、もしくは3~12か月の服役に処せられるとのこと。

 

という、ビールをめぐるトホホな事件でした。

日本ではなかなか考えられない状況、事件ではありますが、こういうこともあるんですね、というお話。

 

ちなみに私は何度かヘディトッパーを飲む機会がありまして。

めっちゃうまかったですww

 

皆様もバーモントに行く際にはぜひ!w

 

本日開栓は2樽

エールインダストリーズ アンクルジェシーセッションIPA

ベアレン 冬のヴァイツェン

 

 

本日も皆様のお越しをお待ちしております!!!