クラフトビールとは

写真 1 (14)

 

昨日行ったのは全米第3位(確か)の生産量を誇る、New Belgium Brewingの工場見学に。

車から見える工場の風景がなんだかおかしなことになっています。

これは一体・・・

 

受付を済ませ、駆け付け一杯酸っぱいのを飲み、工場内へ潜入。

足を踏み入れたとたん目の前に広がるのは巨大な木樽の山々。

写真 2 (15)

それだけで十分圧倒されます。

次に向かったのは仕込み部屋。

写真 1 (16)

あれ、思ったのよりも小さいのかな?とおもったら、出てきました2つ目の仕込み設備。。

写真 2 (16)

しかもタップめっちゃついてるし。
せっかくなのでつがせてもらいましたw

写真 2 (17)

ボトリングラインも圧巻の大きさ。
途中コンベアで流れているビールをとっていっていいよと言われお土産にもらったりw

写真 4 (6)

とまあここまでは普通のでかいブルワリー。

何がすごいかって、遊び心満点でしかもおしゃんてぃーな雰囲気そのもの。
対応してくれた人もそうだし、働いている人みんな楽しそうでした。

こんなのとかいろいろありましたw

写真 1 (15) 写真 3 (9) 写真 4 (5)

規模はもはやクラフトビールの枠に収まりきれないレベルかもしれませんが、それでもなおクラフトマンシップを携えて醸造しているニューベルジャン、本当に素敵でした。

得るものは多かったように思います。

 

本日開栓は6樽

バラストポイント ビッグアイIPA

エアウェイズ スカイハグIPA

ヘレティック イーヴルカズン

レフトハンド オクトーバーフェスト

日本海倶楽部 ピルスナー

いわて蔵 IPA

 

エアウェイズから無愛想な老齢のスチュワーデスが久々にやってまいりました。

苦い!!

本日も皆様のお越しをお待ちしております!!!